読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

戦争のない世界

雑感・雑記


久しぶりに晴れて空がきれいだったので
仕事が終わってから自転車を飛ばして
川に行った。

f:id:mikishanbara:20090811185525j:image

昨日までの雨で川は増水してアマゾン川の如く
ごうごうと流れていた。


空にはちぎり絵のような雲が
真っ青な空に自由に絵を描いていた。



f:id:mikishanbara:20090811185550j:image
山の向こうから出てきた蟹バサミがヘビと戦っている。

f:id:mikishanbara:20090811185738j:image
下を向いたろくろ首の骸骨?が天空で踊っている。
向こうではタケコプターで飛んでいるのびたが
ドラゴンに足を食われそうになっている。


f:id:mikishanbara:20090811190010j:image
本当の天使はこんな姿なのかもしれない。


f:id:mikishanbara:20090811185839j:image
川にはピカチューが現れた。

f:id:mikishanbara:20090811190941j:image
目指すべきはこの光

f:id:mikishanbara:20090811191239j:image
実るほど頭をたれる稲穂かな

戦争反対とか戦争をなくそう、とかは
だれでも言うけれど


もし、実際に本当に戦争と言うものが
この世からなくなってしまったらその世界はどんな世界なのか?
あなたは想像したことがありますか?


お釈迦さまと一緒に蓮の葉っぱに座ってひがな一日瞑想して
何も起こらない、何もしなくていい、
何の問題もない。
そんな退屈な世界に耐えられますか?


戦争があったからこそ
この巨大な文明ができたと考えられませんか?
インターネットも人工衛星
全て軍事技術から生まれています。
戦争と引き換えに高度な文明が生まれました。
だからこそ、戦争は必要悪だ。
なんて、言いませんよ。
戦争に善も悪もありません。
戦争が悪というならば
全ての文明や文明の恩恵をこうむる
わたしたちも悪ですし、
戦争が善と言える人は独裁者かそれに近い人たちなのかもしれません。


善悪を持ち出すのなら
わたしたち人間は善か悪か?
わたしたちが人間が引き起こす戦争は善か悪か?
などの二択問題はナンセンスだと思います。
善とか悪とか白か黒かなんて、
言うから戦争はなくならない気がします。


それに、
「本当は戦争がなくなってしまえば困る」と思っている人や
無意識にでもそういう風に思っている人は
少なからずいると思います。


それはどうしてかと言うと、
お金儲けとかも絡んでくるのでしょうが
戦争がなくなってしまえばすることがなくて困る人が
たくさんいると思います。


毎日平和で争うこともなく
なんの事件も起こらずに
競争もなく
飢えも貧困もなく
みんな同じくらいのレベルの生活だったら
ブランドものも買えないし、
焼肉もおさしみも毎日食べられない。
仕事だってあまりしなくても
いいのでぶらぶらして公園ではとにえさやる毎日。
だなんて、退屈そうですよね。


だったら多少スリルがあって
大きな戦争は困るが
多少の戦争があったほうが
いいかもしれない。
と、思う人が選んでいるのがこの世界。
なのかもしれません。

f:id:mikishanbara:20090811191448j:image



本当に戦争のない世界をつくるためには


「もし、本当に戦争のない世界になったら」
それはどういう世界か?
食べ物はどうなるの?
住むところは?どんなところ?
から始まって
そこで自分は何をすべきか?
どんな世界になるのかを?


よりリアルに想像しなければなりません。


ジョンレノンのイマジンより
もっともっと具体的に生活に即した
想像力を磨かねばなりません。
年金や医療や健康なんかもそうですが
特に絵や音楽や物語が重要だと思います。


戦争がなくなれば
宇宙への進出がもっと広がるかもしれない。
寿命が延びて140歳くらいまで生きられる、と言う説もある。


そうして出来た時間をどう使いこなせるか?


いつか戦争のない世界が来るはずだから
少しでも早くそれが来てほしいなあ。


ぼくは今の戦争のある世界は うんざりです。>¥<)


戦争のない世界は
想像力や探究心や好奇心さえあれば
自分がやってみたいことが何でも試せる
夢と冒険に満ちた世界で
今よりずっとずっと気楽で不安のない世界に
間違いはありません。
ウツにならなくてもいいのです。


平和が当たり前な世界では
平和という言葉すらなくなりましょう。^^)V


f:id:mikishanbara:20090811191342j:image
そんなブログねたを考えながらの帰り道です。