読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

ヴェジタリアンレストランめぐりin チェンマイ

f:id:mikishanbara:20100417120702j:image
僕の菜食生活は意外と古くて
19歳くらいのときインドにあこがれて
玄米菜食と瞑想にあけくれていたことがあります。
半分うそ。^^
f:id:mikishanbara:20100418102136j:image
まあ、しかし、今は自分が家で料理するわけではないので
ベジタリアンになるとなると
奥さんにも迷惑をかけてしまうことになるので
肉タリアンでいますが、
玄米食だけは妥協してもらっています。
子供らは白米の日は大喜び^^)
「やったー白いご飯や〜」
f:id:mikishanbara:20100422110926j:image
菜食主義者まで行かなくても
菜食支持者くらいではゆこう、と思っています。
選べるなら菜食、って感じです。
f:id:mikishanbara:20100422112641j:image
ここチェンマイにはヴェジタリアンレストランが
何軒かあって
今回はいろいろなベジタリアンレストランを巡りました。
それがとっても美味しいんです。

f:id:mikishanbara:20100420104300j:image
朝は80バーツで食べ放題のヴェジレスに行きました。
ここのスープはとっても美味しいんです。
しいたけのたっぷり入ったミネストローネ
ほうれん草の濃〜い緑のスープ
パスタと雑穀の炊き込みご飯にフルーツ、と盛りだくさんです。
泊まっているホテルも朝ごはんつきなんですが
パンと卵料理(目玉焼きかオムレツかスクランブル)とコーヒージュースしかなくて
野菜が全くないのです。
1回だけ食べてそれからはヴェジレス通いになりました。
食べ放題の欠点はついつい食べ過ぎてしまうことです。
なんとかガマンしました。^^
ヴェジレスと言ってもバターはあるし牛乳も飲み放題なのです。
(飲みませんでしたが)


あともう一軒、近所に
tasete of heaven(天国の味)というヴェジレスがあって
そこは本当に美味しいタイ料理を食べさせてくれます。
f:id:mikishanbara:20100417153021j:image
一日一度はそこで食べました。
ご飯もちゃんとしたタイ米の玄米で噛み応えがあります。
f:id:mikishanbara:20100422160122j:image
玄米が好きなのはいっぱいかめるからです。
口の中でふにゃふや溶けてしまう白米よりも
しっかりかんで味の出る玄米がすきです。
f:id:mikishanbara:20100418225032j:image
そこはちょっと高級な感じで、
ウエイトレスも制服を着ていてうやうやしく対応してくれます。^^

ちょっと自転車で走ったところにも
小さなレストランがありました。
そこは遠いので一回しか行かなかったけれど
そこの玄米はもち米のようでさらに美味しかったです。
f:id:mikishanbara:20100421204820j:image
サラダを頼んだら大量に持ってきてくれました。^^
そのレストランにはチェンマイ観光のいろいろなパンフレットが置いてあって
ヨガやタイクッキング教室やトレッキングの案内に混じって
ガンシューティング」の案内のパンフもありました。
タイは各地に射撃場があり、本物の鉄砲を撃てるのです。
もちろん行ったことはありませんが。
ヴェジレスにガンシューティングは無いだろう。と思いましたが
まあその辺はタイです。


f:id:mikishanbara:20100419205609j:image
あと、チェンマイに来たら必ず一度は食べに行く
インド料理店があります。
そこで必ずヴェジターリー(定食)を食べます。
今回チャパテイが作り置きのやつで
乾パンみたいに固かったのがちょっと残念。

f:id:mikishanbara:20100420152909j:image
自転車で走っていたらケーキが目に飛び込んできて
どうしても食べたくなり
ケーキも食べました^^。

と言うわけで今回も日本料理全く食べませんでした。
タイ料理は味が結構濃いので
日本に帰ってから
舌が麻痺してしまっていて
なんか何を食べていいのかわからなくなります。
今は
お刺身とかお寿司とか想像しても
タイのカレーやソムタムに消されてしまいます。
ラーメンよりクイッテオ、
レモングラスとジンジャーの効いたスープとか
ココナツミルクの味。
f:id:mikishanbara:20100420105153j:image

玄米とノリと赤だしと漬物、小さな干物。
みたいなのがいいかな?