読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

京都Rock Night

京都のとある地下のライブハウスにROCKイベントを見に行きました。

[f:id:mikishanbara:20100711222129j:image

今年になって
小学校の同級生だったK君と30年ぶりに偶然再会しました。
30年の月日を経て
彼はロッカーになっていました。


おとなしい僕?とは対照的に
彼は松田優作やブルースリーに憧れていて
学校でヌンチャクを振り回す過激なK君でしたが、
筒井康隆が好きで
そのあたりで僕と気が合いました。
中学生で筒井康隆が好きという時点で
そのころからお互いマイノリティな道を歩みだしたのですね。^^


筒井康隆は今でこそ大作家(だよね)ですが
その頃はドタバタ変態SF作家でした。


二十歳くらいのときに一緒に酒を飲んでいて
僕の家の畳に
泥酔してナイフを突き立てて走り去って行き
そのまま戻ってきませんでした。
なんでそういう風になったのか忘れましたが、
喧嘩というわけでもなく
なにか「演技」のようなものだったのでしょう。
そのあと僕と一緒に飲んでいた友達とで爆笑したのは覚えています。
若かったんです。^^)m

%7Cf:id:mikishanbara:20100711200641j:image

まあ、それから30年もの月日が流れて
彼は京都に住んでいました。
イベントをやるから見に来ないか?
というので近鉄電車に乗って京都まで見に行きました。

%7Cf:id:mikishanbara:20100711192244j:image

ビルの地下の防音された狭いライブハウスでしたが
器材や照明はばっちりで
ノイズ系のバンドが7−8バンド、
4-5時間にも渡り、爆音に浸りました。


ROCKと言っても誰かのコピーとかでもなく
変にメロディアスなJ-pop風でもなく
ほとんど即興的なセッションなので
かなりやりたい放題なかんじでした。^^
一般受けはほとんどしないでしょう。^^


さすがROCK CITY KYOTOかどうかは知りませんが
どのバンドもセンスがよくって
かっこいいのでした。


%7Cf:id:mikishanbara:20100711192111j:image]

思えば
ギター、ベース、ドラムスの
ロックバンドの演奏って長らく聞いていないような気がします。
久しぶりに新鮮で楽しい夜でした。
ありがとうK君。
f:id:mikishanbara:20100711202154j:image