読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

メイキング of おいしいおと

おいしいおとまであと
17日となりました。

f:id:mikishanbara:20100803190536j:image

今は昼間はミシンをかけて
イベントに必要な飾りつけや衣装を縫っています。
夜はページの更新をしたり
準備するものをかんがえたりしています。
そのほか、出演者や出店者のみなさんとの連絡など
やること、考えることがたくさんあります。


10年前の、2000年に初めて、シャンバラまつりという
イベントを始めてから
今までいろいろなイベントを手がけて来ました。
ひとつのイベントを終わると、
もうイベントはこりごりだ。
と毎回思って、ヘトヘトになってしまいますが、
同時のものすごくたくさんの感動や出会いをいただきます。
こりごりだ、と口ではいいながら
頭の中では次のイベントの構想を考えてる自分がいます。^^。

f:id:mikishanbara:20100813080917j:image

でも、みなさんが、
すごく楽しかった!と
おっしゃってくださるのを聞くと
ホント、やってよかった。
と、こころから思います。


ぼくは自信家でもないし、
何かにすぐれた資質や才能を持った人間でもありません。
(もしそうであればもう大金持ちになっていていいはずです。^^)


単なる、引っ込み思案の臆病者で目立ちたがりのお調子モノです。
そんな自分がどこまで何をやれるのかが
見てみたい。
と思っています。


好奇心だけは人よりはたくさんあると思います。
あと10年間に積み上げた何か?(なんだろ?^^)もあるかもしれません。
体力もまだまだあります。


おいしいおとは
「フェスでもおまつり」でもないイベントにしたいと思っています。
アゲアゲではなくて
どちらかというとサゲアゲ^^)
河崎という昔からの静けさと古い蔵の街ですので
落ち着きながら盛り上がればいいなと思っています。


日常性の連続の中に落ち着いた非日常空間が出来ればいいなと
考えています。


勢田川の流れは決して清流とはいえません。
しかし、川を見ていると驚くほど多様な生命が存在しています。
コイ、カメ、サギ、いろいろな魚たち。
くらげが大挙して川を遡って行く光景を
商人館の近くから見たことがあります。
淡水と海水がまじりあい、
多くの生命を抱きながら、
どろんどろんと流れる勢田川です。


私たちの生活も決して清流とはいえません。
それでもたくさんの命が息づいて
喜怒哀楽を繰り返しながらどろんどろんと流れています。
清流もいいですが、どろんどろんとと流れる川のほとりで
しずかに「おいしいおと」をみんなでかみしめて
日々の喜びに変えていただければ
いいな。

と願います。

ぜひ、みなさま
10月10日は「おいしいおと」にご来場くださいませ。

f:id:mikishanbara:20100807143557j:image