読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

インドラリージェントホテル

アンドラ インドラ ウンドラー」という
インドの手品師の絵本が大好きです。^^
f:id:mikishanbara:20101122104127j:image

最近2回はこのホテルに泊まっています。
日本のビジネスホテルより安い料金ですが
設備と格式とサービスはまあまあ高級ホテルなみです。

f:id:mikishanbara:20101123111259j:image

フロントキャッシャーのおばちゃん同志が
お客さんの前で言い合いしていたり、
ベルボーイが携帯さわっていたり、
お客さんの7割くらいがインド人で
廊下に向けたドアを開けっ放しにしているのは
インドの安宿を彷彿させますが^^。
まあそれはご愛嬌です。

f:id:mikishanbara:20101123111240j:image

かつてはJALが一流だった時代、
このホテルは
JALのクルーの定宿でした。
最盛期は一泊1万円くらいしていて、
ぼくらにはとても泊まれない高級ホテルでした。

f:id:mikishanbara:20101123111248j:image

錦鯉の泳ぐ池と人の泳ぐプールはビルの4階にあります。
ちょっとした屋上庭園とコロニアルスタイルの廊下に
昔ながらのチャイニーズレストランや
GYMやSPAがあります。
f:id:mikishanbara:20101123111343j:image
50年代から60年代風の建物でエレベーターにも
彫刻があったりしてレトロです。
窓もたまねぎ形なんですよ。
バンコクは地震のまず起きない国で
耐震を考えなくていいのでかなり自由なビルがたくさんあり、
面白い建築物の宝庫です。
f:id:mikishanbara:20101122104148j:image
バイヨクホテル。
昔ここの黄色のあたり、35階くらいに泊まったことがありました。
またこのホテルも面白いホテルでした。

f:id:mikishanbara:20101122104145j:image
何階かはわすれましたが、タイ一番の高層ビル
バイヨクスカイホテル。
バイヨクというより「ベイヨー」と言ったほうがタイ人に通じやすいです。
f:id:mikishanbara:20101122104211j:image

ビルの谷底。
ぼくはここで蠢いています。

f:id:mikishanbara:20101121092423j:image

お部屋からの眺めはこんな感じです。
夜になるときれいなんですよ。

f:id:mikishanbara:20101123195036j:image
でもごはんはこんなところで食べています。
このほうが落ち着きます^^)。