読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

なばなの里

なばなの里に行ってきました。
テレビとかラジオでよく紹介されているので
一度行ってみたかったのです。
f:id:mikishanbara:20101128184153j:image
580万球の電球で広大な庭が
光の装飾で埋め尽くされていました。
f:id:mikishanbara:20101128182713j:image
丁度紅葉も見ごろでした。
f:id:mikishanbara:20101128191113j:image
入場料は大人も子供も一律2000円、って結構なお値段。
と思っていたら、そのうち1000円は金券になっていて
中のレストランや売店で使えます。
f:id:mikishanbara:20101128183353j:image

どうせ食べるものなんて知れている、と思って
到着する前にラーメン屋さんで、お腹一杯にしていったら
中にはたくさんレストランがあって、
ちょっと失敗した感がありました。
f:id:mikishanbara:20101128191138j:image
それでもものすごい人。
駐車場も入り口から歩いて10分も離れた所に停めさせられて
延々と歩きました。
行きは良かったけれど、帰りは真っ暗で道がわからなくて
迷いそうになりました。
f:id:mikishanbara:20101128184153j:image
やがて、光のトンネルがありました。
これはなかなかきれいでした。
f:id:mikishanbara:20101128184535j:image
トンネルをくぐると
そこは富士と海。
なばなの里のハイライトです。
f:id:mikishanbara:20101128184953j:image
人が死んだらこういう光のトンネルをくぐって、
あの世に行くのだそうですが
まさにここはあの世のように美しかったです。
ここにいる人たちもあの世にやってきた人みたいです。
がみんな携帯やデジカメで写真撮っていました。
f:id:mikishanbara:20101128184801j:image
なばなの里の本当のテーマは「あの世」だ、なんて
勝手に想像してしまいました。^^)
あの世がこんな風であれば死ぬのも悪くはありません。
f:id:mikishanbara:20101128185424j:image
なばなの里、おすすめですよ。