読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

夕陽

史上最忙の日々を迎えております。
今日もお昼に少し横になった以外はずっと
なにやら動きっぱなし。

f:id:mikishanbara:20101127161246j:image
朝の9時から今現在1時半。
年賀状も大掃除も手がつけられず
仕事に追いまくられてまたは
仕事を追いまくって
歳が過ぎようとしております。
こんな忙しい日々は、初めてです。
ブログを書く暇もありません。
それでも「おいしいおと」の準備で培った粘りなのか、
大して苦にもならず、仕事をこなしています。

f:id:mikishanbara:20101016201536j:image
ほんとは温泉とか行って
ゆっくり本を読んで
何もせず、ぼおっと過ごしたいなあ。
なんて夢見るのですが、白昼夢と消えて行きます。
f:id:mikishanbara:20100919165754j:image

80年代のいつだかの年末、
インドに居て、
「誰も知らない街に行ってそこで歳を越そう」と思い
適当なバスにのって行き先もわからないまま、
見知らぬ街に着きました。
そこは観光地でもなんでもなくて
観光客や外国人は誰一人居なくて
街も特にみどころのない街でした。
安宿に投宿して、
街のはずれにある、岩山にのぼり、
デカン高原の岩ばかりの土地に沈む
その年、最後の夕陽を眺めていたのを思い出します。
f:id:mikishanbara:20100416143643j:image

観光客が誰も行かない街に行くのが好きで
よくそういう所を訪れました。
果たしてそこは何の変哲もない退屈な街で、
そこで何をするでもなく散歩して
無意味な時間を過ごしてまた移動を繰り返していました。

f:id:mikishanbara:20100324235433j:image
そのときは無意味な時間のように思えましたが
いま、そういった無意味な旅の時間を心に思うことで
とっても救われる気持ちになるときがあります。

f:id:mikishanbara:20100322184625j:image
クリスマスからお正月までは
いつもとはまるで違う時間の感覚になります。
追い詰められるような。また突き放されるような。
崖から落ちる瞬間に一瞬空中で静止しているような。
またはどこに行っても何をしてもいい、とても自由な感じ。
こんな時間こそ無意味なことをして過ごせる、
次元のポケットです。

f:id:mikishanbara:20100101070814j:image
どうかみなさまよいお歳をお迎えください。
今年一年、至らない私どもを支えていただいた全ての皆様に感謝いたします。
また、ご面倒をおかけしたり、ご迷惑をおかけした皆様には
深くお詫びと感謝をいたします。
また、新たに出会えたみなさんにもたくさんの喜びと笑顔を。
いいことも悪いことも全ては過ぎ去ります。
そうして私たちはどこかで今年最後の夕陽を見ることでしょう。

f:id:mikishanbara:20091008164949j:image
f:id:mikishanbara:20091008164902j:image