読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

大阪ディープタウン平野

大阪ディープタウン平野(ひらの)を歩いてきました。
いっぱい写真を撮ったので2回に分割してUPいたします。


大阪市の南東部に位置する平野区
天王寺から河内に通じる
勝手に通称「こてこてライン」を形成する重要な町です。
ユキちゃんも平野区出身です。
なぜか私の周りには平野区出身者が多いです。
地下鉄の平野駅を下りて、商店街の方に歩いてゆくと
早速現れました。
自転車に傘たて器を装着した大阪名物ママチャリ軍団。
f:id:mikishanbara:20110604162023j:image
この傘たて器をつけた自転車。
大阪以外の街でみたことがありません。
大阪では当たり前の様にみなこの器具を取り付けて
傘立てて晴れの日も雨の日も走っています。
f:id:mikishanbara:20110604162103j:image
平野商店街です。
地方の商店街のシャッター通り化が激しいのですが、
ここの商店街は元気です。
f:id:mikishanbara:20110604162406j:image
写真を撮っていたらいきなりおばちゃんに声をかけられました。
「にいちゃん、あっちの方にええお寺があるで。写真撮っときや。」
f:id:mikishanbara:20110604163013j:image
というので行って見ると
全興寺がありました。
このお寺、小さいながらにもみどころてんこ盛り!
f:id:mikishanbara:20110604162951j:image
お不動さん。
ひっきりなしにお参りに来る人が絶えません。
f:id:mikishanbara:20110604163038j:image
小さい場所ながら、ここだけ異世界な雰囲気が漂っています。
f:id:mikishanbara:20110604163137j:image
さらに異世界は続く・・・。
f:id:mikishanbara:20110604163308j:image
町並み博物館もあり、昔の駄菓子やや
駄菓子屋のおばあちゃんの家が再現されていました。
その隣は地獄でした。^^)
f:id:mikishanbara:20110604163430j:image
リアス過ぎる鬼や閻魔大王、脱衣婆などの巨大な人形。
モニター画面からは地獄絵が次々と映し出されます。
f:id:mikishanbara:20110604163733j:image
R指定にしてもよさそうな地獄絵図とおどろおどろしい解説に
子どもはマジでビビっていました。
それをフォローするかのように
f:id:mikishanbara:20110604164157j:image
涅槃像
f:id:mikishanbara:20110604164241j:image
ほとけのくに
f:id:mikishanbara:20110604164321j:image
マンダラ
f:id:mikishanbara:20110604164556j:image
神社
とパビリオンが続くのですが
一度植えつけられた地獄の恐怖はなかなか癒えません^^)
f:id:mikishanbara:20110604164606j:image
f:id:mikishanbara:20110604164908j:image
f:id:mikishanbara:20110604164946j:image
f:id:mikishanbara:20110604165113j:image
境内は子ども達の遊ぶ声、
おばちゃんたちの雑談でとてもにぎやかでした。
ユキちゃんが子どもの頃は
今よりももっと不気味なお寺だったそうです。
こわくてなかなか近づけなかったと言っていました。
今は近代化?されてミニテーマパークのようになっていますが
あの「地獄」は本当に強烈でした。
全興寺
HPもありますから是非見てください。

ほんと大阪らしいコテコテンプルでした。^^
f:id:mikishanbara:20110604165313j:image
そうしてまた商店街に戻り
こんどはたこやきを食べて杭全神社に向かいました。