読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

樋口健二写真展

1月29日 伊勢生涯学習センター
f:id:mikishanbara:20120128112547j:image
樋口健二さんは原発で働く人々を長年撮影してきました。
f:id:mikishanbara:20120128112506j:image
原発はコンピューターで動いているのではない。
f:id:mikishanbara:20120128112524j:image
と樋口さんは言います。
f:id:mikishanbara:20120128112531j:image
たくさんの原発労働者が大量の被曝をしながら
f:id:mikishanbara:20120128123856j:image
原子力発電所の内部で作業して、
f:id:mikishanbara:20120128123915j:image
多くの人はガンや白血病でなくなったり、
f:id:mikishanbara:20120128123842j:image
高線量被曝が原因で働けなくなったりしています。
f:id:mikishanbara:20120128123306j:image
しかし、その多くの人々の病気は原発とは無関係とされ、
f:id:mikishanbara:20120128123915j:image
闇に葬られてしまうのが現状です。
f:id:mikishanbara:20120128114116j:image
原発を動かすということは、多くの被爆者を生み出します。
f:id:mikishanbara:20120128113056j:image
雇用の促進=被曝の促進が現実です。
f:id:mikishanbara:20120128112939j:image
そんな世界が文明国。といえるでしょうか?
樋口健二さんは写真を通じて問いかけています。