読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

ふくしまいせしまなつやすみ4

f:id:mikishanbara:20120819181856j:image

あっという間の10日間。最後のお別れパーティーです。

f:id:mikishanbara:20120819182355j:image

子どもの笑顔が好き。

f:id:mikishanbara:20120819182543j:image

泣いてる顔も好き。

f:id:mikishanbara:20120819182733j:image

食事担当の池添さんはこの日が最後。
みんなでお見送りしました。
10日間ご飯を作ってくれました。

f:id:mikishanbara:20120819183427j:image

とっても人懐っこいトリー。
子供たちに大人気。

f:id:mikishanbara:20120819190239j:image

代表の上野さんテレビ出演!

f:id:mikishanbara:20120819191112j:image

f:id:mikishanbara:20120819192123j:image
子どもはぐるぐる螺旋が大好き。
f:id:mikishanbara:20120819192124j:image

f:id:mikishanbara:20120819192125j:image

f:id:mikishanbara:20120819192127j:image


f:id:mikishanbara:20120819192138j:image

f:id:mikishanbara:20120819192937j:image

f:id:mikishanbara:20120819193004j:image

f:id:mikishanbara:20120819193022j:image

f:id:mikishanbara:20120819193222j:image

f:id:mikishanbara:20120819193228j:image

f:id:mikishanbara:20120819193237j:image

f:id:mikishanbara:20120819193246j:image

f:id:mikishanbara:20120819193359j:image

f:id:mikishanbara:20120819193930j:image

f:id:mikishanbara:20120819194702j:image

f:id:mikishanbara:20120819194819j:image


f:id:mikishanbara:20120819200402j:image

f:id:mikishanbara:20120819201121j:image

f:id:mikishanbara:20120819203205j:image

f:id:mikishanbara:20120819212215j:image

f:id:mikishanbara:20120819212231j:image

f:id:mikishanbara:20120819213224j:image

f:id:mikishanbara:20120819224058j:image

歌って踊って騒いで花火して
笑顔がいっぱいの最後の夜でした。


10日間のうち、3日間お邪魔させていただきましたが。
初めて会う方もみなさんやさしくて、
もう4回目の方ともなると親戚のように思えてきます。
とてもいとおしい人たちです。
気持ちよく過ごさせて頂きました。


そうしてそういうやさしい雰囲気を作っていたのは
この保養を主催した
上野さん
宮谷さん
間宮さんの
ふくしまいせしまの会のみなさんです。
この3人の努力には頭の下がる思いです。

こうしてみなさん、笑って過ごしていますが、
その後ろにある大きな大きな原発事故のこと。
何万人、何十万人、いやぼくらも含めると
日本人の半分以上の方が
事故で傷ついたり、故郷を失くしたり、心を痛めたり、と
大変な目にあってきたわけです。


お母さん方は子供を守るのに
本当に一生懸命です。
自分の命に代えても守りたい唯一の存在が子どもです。
誰のためにも命は投げ出せませんが
子どものためなら命は投げ出せます。
それは世界中のお母さんは同じ思いです。
国会議員も半分はお母さんがなれば、
もっとましな日本になるような気がします。


日本をよくしたいのなら
子どもを守るべきです。
ただでさえも少子化と言われているのに
未来への宝物である子供たちを守らないと。
どうかすべての子供たち、
すくすくと元気に丈夫にたくましく育っておくれ。
と祈らずにはいられません。