読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

足代清の世界

雑感・雑記 足代清

2月24日は私の父親の足代清(あじろきよし)の命日です。
先日、引出しの中からこんなものがでてきました。

あ、これはUPしろ、ということだな(笑)
と思い UPしました。

晩年父親は切り絵をずっとやっていました。
こういうハガキセットまで作って売っていました。
あまり売れなかったようですが。(笑)
切り絵だけでなく
油彩、水彩、彫刻、陶芸 と幅広く制作していました。

ぼくの子どもの頃は
サントリーレッドを飲みながら
狭い家で100号くらいのでかい絵を描いていました。
油絵の油の匂いを覚えています。

f:id:mikishanbara:20160224011505j:plain

10歳の時に離婚して親父は家を出て行きました。
再婚してぼくの腹違いの妹が生まれました。
それから数年に一度くらいしか会えなかったのですが
何十年か経って
オヤジの奥さんが亡くなり
奥さんの葬式でぼくが遺影を持ちました。
それから、また交流が復活し、
死ぬ前の5年間くらいは
オヤジの主催する絵画教室に通ったりしていました。

f:id:mikishanbara:20160224011627j:plain
自分で「作家 足代清先生」って書いてるし。


死ぬ一ヶ月前に 経営していた
ちいさな工房をたたみ、すべてを整理して
ぼくに「最高傑作」という陶芸作品を何点かくれました。

18年前の今日 朝方、トイレに立ったその時に
玄関先で眠るように死にました。
葬式は悲しいというよりも
悲しすぎて却って嬉しい。と言った感じでした。
なんかよかった、よかった。と思いました。
3日3晩酒を飲んで泣きながらどんちゃん騒ぎでした。
めっちゃ楽しい葬式でした。

初めての孫が生まれるわずか一ヶ月前でした。
一か月後、ぼくは父親になったのですが
生まれたての赤ん坊の顔を見て
ユキちゃんと
「足代にそっくり(笑)」と驚きました。

足代も死に

妹も死にました。

ぼくらもいつかは死にます。
でも死ぬことは終わりではないので
ただ、それは現象なんだな。と思います。
オヤジの粒子の一部は相変わらずここらへんにいるしね☆

f:id:mikishanbara:20160224012821j:plain

 

f:id:mikishanbara:20160224011834j:plain

f:id:mikishanbara:20160224012210j:plain

 

f:id:mikishanbara:20160224012959j:plain