読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

ドライブに連れてって

昨日の夜
「ドライブしたいわ、夜のドライブに行くわ!」
と勝手に決めて玄関で待ってるよ。

と、
二階で本を読んでいたら
ユキちゃんが教えてくれた。

えー、もうかんべんしてよー。
なんで婆さん連れて
子どもの塾に送りにいかなあかんの!

同乗するくらいいいじゃないか。と
思われるかも知れないけど
さっきも婆さんを車で迎えに行き
婆さんのゴタク聴きながら
ほとんど無視して家まで来たのに
また婆さん乗せて伊勢まで往復勘弁してくれ!

きっぱり断ろう、と玄関に下りていったら
いなかったので
あ、あきらめたんだー
良かった―^^。

と思って
子どもを連れて玄関をでて
車まで行ったら
黄昏時の薄暗がりの中、
婆さんが車の外2-3m後ろで待っていたので
ドキッ~!とした。

私も行くわ!

来なくていいから!いいから来なくていいから
急いでるから!

振り切って
と車に駆け込んで
慌ててドアをしめて、
ヤバかった―な、と子どもと顔を見合わせて
はやくエンジンかけよ、と
セルを回しかけたら
いきなり

うしろのドアが開き
婆さんが乗りこもうとしてきた!

もう、心臓がとまるくらいびっくりした。
ホラー映画か!(笑)

今は(笑)だけど
笑いごとじゃない
マジこわくてキレた!

やめてよー!と言ったものの
いいじゃないの!と乗り込もうとするので

もう、そんなに行きたかったら乗れば!

なら、ばあさんもキレて
ああ、もうそんなんやったらいいわ!

と、ドア閉めた。

バックミラーで怒っているのか
ガックリしているのか
そのどっちもだろう。
婆さんが見えた。

なんでこっちの気持ちを無視して
勝手に決める。
さらに驚いたのは
追いかけてきて無理やり乗り込もうとしたことだ。

フツーあんなに断ったら
あきらめるやろ。
やっぱりフツーやないな。

病院から帰って来て
日に日に元気になってくると
口も元気になって来て
態度が横柄になってきて
私はあんたらにどんだけやってあげたと思ってるの?
みたいなことをユキちゃんに言いはじめ
これはそろそろ危険な兆候だな、と思っていた。

その夜、婆さんは
悲劇のヒロインになり
ひとり孤独に浸りながら

今夜はうちに帰るわ。

この間まで一人暮らししていた実家に帰りたい。
というので帰った。
普段は昼間は実家で過ごしている。
毎日朝送って行って夕方迎えに行って
さらに
その夜も送って行った。

翌朝は婆さんがいないので
久しぶりにゆるく過ごせた。^^
夕方絶対に電話かかってくると思っていたら
そのとおり、

夕方電話がかかって来て
今日はあなたのところに泊まりたいから
迎えにきてちょうだい。

はい、わかりました。(こういうときは常に敬語(笑)

何事もなかったように夕ご飯をたべて
何事もなかったかのように寝ています。

私らは気持ち的にずーーーーん☆となっていましたが
婆ちゃんってなんであんなんやろ。
あの時もこんなんあったなー。
こんなこともあったなー。
みたいなネタでもりあがってもいました。

今までもっとひどい事、何度もあったので
みんな慣れています(笑)