読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

姫路城

GWは普段に出来なかった
仕事以外のもろもろのやりたいことを一気にできる
まれなチャンスとばっかりにフル活動でした。
その間、急な仕事も入って
朝の6時から夜11時までなんだか普段よりも忙しかったです。
って、勝手に忙しくしているだけなんですが^^

唯一出かけたのが姫路城です。
f:id:mikishanbara:20090504142919j:image
高速道路は大渋滞だそうで
家族4人で自転車で出かけました。
家族4人でサイクリングなんて初めてです。
上の娘が中学生になったので
新しく自転車を買ったので
4人で自転車で出かけられることになったのです。
下のチビはぼくの後ろに乗っています。


伊勢を出て奈良、大阪、神戸を抜けて
約20時間でやっと姫路城・・・・。

f:id:mikishanbara:20090504142233j:image
見てください。この優美な天守閣
壮大な城郭。
f:id:mikishanbara:20090504142952j:image
なんつって・・・^^。
家から自転車で数十分の距離にある
ミニチュア姫路城です。


ミニュチュアとは言え、とても精巧に出来ています。

テレビなどでも何度も紹介されているので
GW中は見物の人がひっきりなしに訪れていました。

f:id:mikishanbara:20090504143153j:image
お隣のアパートが入ると
また別の風情があります^^。

お城は個人の方のお庭につくられています。
ご主人がコツコツと19年の歳月をかけて築きました。
なかなか見ごたえがあります。

f:id:mikishanbara:20090504143614j:image
さて、また少し自転車で走りました。
伊勢の南西部に広がる穀倉地帯を走る
ディープサウスツアーです。

f:id:mikishanbara:20090504144501j:image
コンビニには謎のピンクのバンが停まっていました。
道路は行楽の車で大混雑です。

f:id:mikishanbara:20090504145555j:image
ここからは我々は謎の隠れ里を探検に行きます。
その村は2枚上の写真の山の麓にありますが
外からはほとんど見えません。
こんなところに集落があるなんて
伊勢の人でも知っている人は少ないでしょう。
f:id:mikishanbara:20090504151754j:image
道はずっと上り坂。
f:id:mikishanbara:20090504151907j:image
謎のパンダが見下ろしています。
f:id:mikishanbara:20090504151743j:image
恐ろしい形相の鬼瓦が祭られています。
この村の守り神なのでしょうか?
f:id:mikishanbara:20090504151900j:image
更に道が続くのでどんどん登ってゆきます。
ぼくは20kgの子供を後に乗せて
かなりきつかったです。
f:id:mikishanbara:20090504152121j:image
深い谷を覆うように生い茂る竹やぶを抜けて
どんどん登ってゆくと
最後に民家があって道がおわりました。

f:id:mikishanbara:20090504152331j:image
立派な公園もありました。
f:id:mikishanbara:20090504152953j:image
そこからは一気に下り坂。
f:id:mikishanbara:20090504153106j:image
爽快なダウンヒルが楽しめました。
f:id:mikishanbara:20090504153119j:image
城と隠れ里のツアー、
身近なところにもまだまだ知らないところが
ひそんでいます。