読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

奈良

奈良に1泊旅行に行きました。
f:id:mikishanbara:20120602133619j:image
薬師寺
f:id:mikishanbara:20120602134118j:image
ストライプのカバーに覆われているのは
修復中の国宝 薬師寺東塔
f:id:mikishanbara:20120602134247j:image
国宝薬師如来像

まんまんちゃん、あん。

f:id:mikishanbara:20120602140748j:image


f:id:mikishanbara:20120602163004j:image
奈良と言えば大仏ですね。
もう何度も行っているので今回は行きませんでした。
今この写真見てたら
大仏せんべい買ってくりゃよかったな。と
ちょっと後悔しています。

f:id:mikishanbara:20120602165225j:image
ビニール鹿の下に車がついていて引っ張れるのよ。

f:id:mikishanbara:20120602165245j:image

うちにも結構土偶埴輪のレプリカがあります。

f:id:mikishanbara:20120603101044j:image

春日大社
f:id:mikishanbara:20120603100731j:image
春日大社にゆきました。
というか鹿にえさやりながら歩いていたら春日大社の参道をあるいてたのですが。
「オードリーもここにきたことあるんかいな。」
「またしょーもないこと言うて」
「違うよ、ヘップバーンのほうや」などと言うていたら、

f:id:mikishanbara:20120603100701j:image
どこかの家族が歩いていて、「おなかすいたー」と子供が言い、
お父さんが「鹿せんべい食っとけ。」
それを聞いたユキちゃんが「あんたと同じこと言うとるわ」と言われました。


f:id:mikishanbara:20120603095503j:image
「あほ、おれの方がレベル高いわ。
いいか、春になって鹿の子供が生まれたら
、この参道に鹿の子供がずらずらずらーっと何百頭って並ぶんや。
それをなんて言うか知ってるか?」
「なんて言うの?」
「バンビの長城や」
「マジ死ねカスが。」
「え、春日?」
f:id:mikishanbara:20120603095359j:image

奈良の街のあちこちに仏像ガチャガチャがありました。
がちゃがちゃ好きの私ですが
ガチャガチャは200円まで。と決められているので(誰に?)
買いませんでした。
これは買わなくても後悔してません。

f:id:mikishanbara:20120603094650j:image

あちこち鹿だらけです。
f:id:mikishanbara:20120603092932j:image

oh my dear
f:id:mikishanbara:20120603092156j:image
鹿せんべいをねだる鹿。
しつこくしつこくどこまでもつきまとっています。
各地でこんな光景が。
f:id:mikishanbara:20120603090330j:image
鹿は結構ワイルドだぜえ。
f:id:mikishanbara:20120603085747j:image
せんと君のモデルになった鹿?
f:id:mikishanbara:20120603085744j:image
朝早く起きて、一人で車に乗って
奈良ドリームランド跡地(廃墟)を尋ねました。
f:id:mikishanbara:20120603062944j:image
と言っても外からだけですが。
f:id:mikishanbara:20120603063052j:image
奈良ドリームランドは昭和の小学生にとっては
ディズニーランドのような存在でした。
私はついに行くことなく閉園してしまいましたが・・・。
これもあと数百年たって
重要文化財くらいになってほしいと思います。

お寺も遊園地もある意味、テーマパークですからね。

f:id:mikishanbara:20120603091948j:image
奈良と言えばせんとくん
最初は賛否両論のせんとくんでしたが、
かなり定着していた模様です。私はファンです。
近鉄宇治山田駅(伊勢市)にも等身大?のせんとくんフィギアがありました。

f:id:mikishanbara:20120603070648j:image

ならで泊まったゲストハウス奈良小町
とても清潔で快適なゲストハウスでした。
外国人が半分くらい泊まっていました。

アジアではよくゲストハウスに泊まるので
こういったところはなんだか
馴染み深い宿です。
一人一泊2250円という料金も魅力的です。
またちょくちょく泊まりたいです。