読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンバラなブログ

シャンバラな日々のお仕事以外の旅やつれづれをつづります。

御座白浜

f:id:mikishanbara:20120730103527j:image

今年初めての海水浴。志摩半島の奥地、御座白浜に行ってきました。
f:id:mikishanbara:20120730130315j:image
福島県飯舘村よさこいソーランチームのお手伝いに呼ばれて
行ったのですが、
全然お手伝いにならずに、遊び呆けてしまいました。^^)
f:id:mikishanbara:20120730130013j:image
飯舘村のみなさんは全村避難で、
今は福島市を中心とした各地に移り住んで
大変な苦難の生活をしています。

そんな苦難を微塵も感じさせず、みなさん明るくとっても元気でした。
f:id:mikishanbara:20120730144424j:image
その2日前にも夕食交流会に招かれて
いろいろお話を伺う機会があったのですが、

食事にも気を使って、仕事も失って
家にも戻れず、大変な生活を語ってくれました。
それでも故郷飯舘をみなさんとても愛していて
早く除染して戻りたい。
と口々におっしゃっていました。

f:id:mikishanbara:20120730144431j:image
今回の飯舘村の方々は
大人の方が半分以上いらっしゃってみえました。
本当は子供たちが来なければならないところなのに
私たち大人が来てもいいのかずいぶん迷いましたが、
主催の森さんに「どうぞお越しください」と背中を押してもらって
来ることができて、とても嬉しいです。

と、代表の方が語って見えました。

子供たちの保養や疎開もとても大切ですが
大人だってやはり大変重いものを背負っていらっしゃるのです。

東電からの補償などもほとんどまだ受け取っていないそうです。

f:id:mikishanbara:20120730121607j:image

海はや空はこんなに青くて美しく
ぼくたちはここで同じ時間を共有して
笑って遊んですごしましたが、
やはり楽しいときはすぐに過ぎ去り、
現実世界にもどって
みなさんそれぞれ生活と放射能との
きびしい戦いの場に行かなければなりません。



どうぞみなさんに幸あれと
願わずにはいられませんでした。



この夏は三重の各地で
福島の子供たちの保養が行われます。
ぜひみなさまのご寄附/支援をお待ちしております。



ふくしまいせしまなつやすみ


[http://d.hatena.ne.jp/tukinoniwa/20120727:title=三重・福島キャンプと滞在ネットワーク
「のびのびサマーキャンプin美杉」]


福島松阪サマーキャンプin波瀬